【連載企画④】

日本のウロギネ専門医
野村博士によるUI講座

日常生活の中で
簡単にできる
セルフケアのポイント

※「UI」とは、「Urinary Incontinence(カタカナ表記:ユリナリー インコンチネンス)」の略語で、「尿失禁(尿もれ)」を意味する用語です。 P&Gでは、「尿もれ」に対する理解が深まり、適切なケア方法がより多くの人に広まることを願い、「UI(尿もれ)」啓発活動にも努めてまいります。

組み合わせることで改善アップ。
トレーニング、吸水ケア製品の使用、専門家への受診も

前回はUI改善のための、自宅でも簡単にできるトレーニングをお伝えしました。そこで今回は、UI(尿もれ)を予防し、快適に過ごすための生活習慣やUI(尿もれ)改善の方法についてお伝えしていきます。

アルコールやカフェイン、人工甘味料が頻尿の原因に

UI(尿もれ)に直結する頻尿を招くものには、アルコールやカフェイン、人工甘味料入りの飲料などがあります。シルバーウイークなど秋休みのお出掛けで行楽地に行くと、景色を楽しみながら、お酒やコーヒーなどのカフェインを楽しむ人もいるでしょう。しかし、利尿作用のあるこれらの飲み物は膀胱を刺激するため、頻尿につながるおそれもあるので注意しましょう。 また、飲み物では特に、エナジードリンクにはカフェインも人工甘味料も多く含まれています。日常的に飲んでいる人は、飲む量を減らすこともUI(尿もれ)対策につながります。お水や白湯(さゆ)などで適度な水分を取るのが理想ですね。

カフェインも人工甘味料が多い飲み物

肥満、便秘を防ぐ生活習慣がUI(尿もれ)の改善に

また、自宅でのんびりとStayHome時間を過ごす人やテレワークや在宅勤務で自宅にいる時間が長い人は、運動不足に気をつけましょう。運動不足は、尿道を締める役割をする骨盤底筋が弱ることにつながり、「腹圧性尿失禁」の症状の進行を促しかねません。 せっかくのスポーツの秋。運動しやすい気候にもなってくる秋ですので、この機会にしっかりと感染対策を取りながら、軽い運動や手軽なスポーツを始めてみるのもいいかもしれませんよ。

また、「腹圧性尿失禁」膀胱に腹圧がかかって起こるUI(尿もれ)なので、肥満にも気をつけたいですね。糖質が多く含まれる穀類やイモの食べ過ぎに注意し、秋野菜などの糖質の少ない野菜や豆製品などを積極的に食べるようにしましょう。おやつも果物ではなく、ナッツにすることをお勧めします。 加えて、トイレでいきむとき骨盤底筋に負荷がかかります。これも繰り返すことでUI(尿もれ)の一因になるので、慢性的な便秘がある人は食物繊維を含む食べ物を多く取るといいでしょう。特に海藻類は糖質量も少なく、食物繊維が豊富です。

食品による糖質量

尿失禁のタイプを知り、UI(尿もれ)対策を

ここまでお話ししたUI(尿もれ)を予防する生活習慣と併せて、前回お伝えした骨盤底筋トレーニングや膀胱トレーニングを組み合わせることでさらなる改善が期待できます。そのためには、自分のUI(尿もれ)が「腹圧性尿失禁」なのか、「切迫性尿失禁」なのかをご自身なりに判断していただきたいと私は考えています。 笑ったり、重い物を持ったり、力が入った瞬間に起こりやすいUI(尿もれ)が「腹圧性尿失禁」です。またスポーツの秋ということで、運動を楽しんでいたらUI(尿もれ)が…という場合も、「腹圧性尿失禁」の可能性が高いです。一方、冷たい水に触れたり、水がちょろちょろと流れる音を聞いたり、といった尿を連想するような状況などで、急な尿意に襲われてUI(尿もれ)を起こしてしまうのが、「切迫性尿失禁」です。

「腹圧性尿失禁」なら、骨盤底筋群を鍛える骨盤底筋トレーニングを。「切迫性尿失禁」なら、骨盤底筋トレーニングに加えて、尿意を我慢することで膀胱の筋肉の伸びを促進させ、膀胱にたまる尿量を増やす膀胱トレーニングを行いましょう。トレーニングのやり方は前回のコラムでご紹介しておりますので、ぜひ参考になさってください。


秋のイベントを心から楽しむには、吸水ケア製品が安心

トレーニングの効果が感じられるのは、およそ4週間から6週間後。 シルバーウイークなどの秋休みなどで外出する人は、膀胱を刺激する飲み物に注意して頻尿を予防すると同時に吸水パッドや吸水ライナーなど吸水ケア製品を使うのがお勧めかもしれません。万が一のUI(尿もれ)への不安が軽くなり、イベントを楽しむことができるでしょう。 特に長距離の移動がある場合には、尿もれナプキンやパンツタイプなどの吸水ケア製品を使うことで、下着の汚れやにおいなどを気にすることなく、快適に過ごすことができるのではないでしょうか。

UI(尿もれ)は服薬や治療で根治することもできる

UI(尿もれ)は自身の努力で改善が見込めるものではありますが、根治したいという場合は私たちのような専門医、専門外来を頼っていただけたらと思います。

「腹圧性尿失禁」は骨盤底筋群が弱り、尿道を十分に支えることができていない状態なので、テープでそれを補強する手術になります。手術時間は20分ほどで、入院は1〜2泊です。また、目立つような傷は残りません。 「切迫性尿失禁」の場合は、抗コリン薬やβ3アドレナリン受容体作動薬といった薬の投薬をします。これらには膀胱の収縮を抑えたり、膀胱を弛緩(しかん)させる作用があります。この作用により、尿意切迫感を抑え頻尿を改善させます。


私は、治療によって長年の悩みが解決され、生活が劇的に変わった!と大変喜ばれる患者さんを何人も見てきました。UI(尿もれ)に悩まされて一刻も早く治したいという人は、一度専門外来を訪れてみてはいかがでしょうか。