切迫性尿失禁は、急に強い尿意があり、我慢できずに尿がもれてしまう現象のことです。膀胱が過剰に活動することで自分の意思とは関係なしに尿もれ (UI = Urinary Incontinence) が起こります。尿の溜まり具合に関係なく、突然強い尿意に駆られるのです。人によって回数はさまざまですが、急に我慢できないような尿意があるようなら、切迫性尿失禁の可能性があります。切迫性尿失禁に悩む人の多くが、尿意を感じたらすぐにお手洗いを探さなければなりません。切迫性尿失禁で悩んでいる方たちにとって、尿意をこらえるのは非常に難しく、我慢できずに漏れてしまうということがほとんどです。

切迫性尿失禁の原因はさまざまで、他の病気の兆候であることも考えられます。切迫性尿失禁の原因として最も一般的なものは以下のようなものです。

  • 加齢

  • 骨盤底筋のぜい弱化

また、以下のようなことも切迫性尿失禁の原因となります。

  • 膀胱炎または尿路感染症

  • 炎症

  • 膀胱閉塞

  • 膀胱結石

他にも骨盤内の手術(子宮や直腸など)、多発性硬化症、パーキンソン病、糖尿病、脳卒中、また、脊椎疾患による神経の損傷によって引き起こされることもあります。

切迫性尿失禁は生活の質にも大きく影響することがあります。切迫性尿失禁を抱えた人はトイレへ行くことを中心に日々を過ごそうと考えるようになり、仕事や社会生活を制限してしまうことがあります。外出することを控えてしまうこともよくあることです。しかし、切迫性尿失禁はちょっとした工夫で、適切にコントロールすることができます。以下が対策の一例です。

膀胱のトレーニング

尿意を我慢できるようにするために、例えばお手洗いには二時間間隔で行くといったようにスケジュールを立て、我慢できるようになったら、少しずつ間隔を延ばしてみましょう。膀胱が尿を溜めすぎないように、また急な尿意を軽減するためにも、尿意を感じていなくてもトイレに行くようにしましょう。

適度な水分補給

適度な水分補給を心がけましょう。切迫性尿失禁の方は過度な水分摂取は尿もれ (UI) につながります。一方で水分摂取が少なすぎると、尿の比重が上がり膀胱を刺激することがあります。

骨盤底筋トレーニング

骨盤底は骨盤内の臓器を支えるハンモックのような役割を果たす筋肉や靱帯で構成されています。ケーゲル体操として知られている骨盤底筋の運動は筋肉を強化し、膀胱の過剰な活動を軽減するのに充分役立ちます。他の筋力トレーニングなどと同様に、継続することで、結果が少しずつ見えてきます。

医師の診断を受ける

骨盤底筋トレーニングなどが結果につながらないようであれば、切迫性尿失禁の治療の選択肢について医師と相談することをおすすめします。それぞれの治療にはメリット、デメリットがあるのでしっかり理解した上であなたにあった選択肢を選びましょう。

一人で悩まない

パートナー、友達など身近な人にも話してみましょう。ありのままのあなたを気にかけてくれる人が側にいるのはとても心強いことです。味方となって、精神的な面で支えとなってくれるだけでなく、参考となる情報を教えてくれるなど、適切な対策をするための助けになってくれるでしょう。

尿もれ (UI) 専用品を着用する

尿もれ (UI) が心配であれば、尿もれ (UI) 専用品の着用をお勧めします。ウィスパーは尿もれ (UI) のタイプに合わせて幅広いラインナップを用意しています。軽い尿もれ (UI) 用には、おりものにも水分にも対応する吸水ライナー「ウィスパー1枚2役Wガード」や吸水ナプキン「ウィスパーうすさら吸水」、もう少し安心感を得たいなら尿ケアパッド「ウィスパーうすさら安心」、さらなる安心感を得たいならパンツタイプ「ウィスパーうすさらシルキー」があります。

これらは、薄いのに吸水力と消臭力に優れ、着けていることに気づかれない安心感を実感していただけます。さらに女性らしいパッケージで、薄くてコンパクトのため持ち運びにも便利です。一度自分に適したウィスパー製品を見つけることができれば、きっと趣味などもアクティブに行うことができるはずです。