溢流性尿失禁について

自分が気づかないうちに尿がもれて下着が濡れてしまっていたことはありますか。これは夜、寝ている間にも起こることがあります。そのせいで、不快に感じたり、何度も尿もれ (UI = Urinary Incontinence) パッドを交換しなくてはならない、などの症状に当てはまることがあれば、溢流性尿失禁の可能性があります。

溢流性尿失禁とは?

溢流性尿失禁は、膀胱を完全に空にすることができない状態で、自分の膀胱容量を超えて尿が膀胱内にたまってしまったために、無意識に尿が流れ出るために起こります。いっぱいになった膀胱から強制的に尿を排出させようという力が働き、尿が無意識に排出されるため、 通常はトイレに行きたいという意識もなく、尿が漏れていることが多いです。

溢流性尿失禁の症状とは?

溢流性尿失禁の症状として一般的なもの

  • 気づかないうちに尿が漏れている

  • ベッドを濡らしてしまう

  • トイレに行く回数は増えたが、出る量は少ない

  • トイレでどれだけ長く座っていても膀胱を空にできていない気がする

  • 排尿を始めるのが難しい

  • 尿の勢いが弱い

  • 排尿途中で止まり、また再開する

  • 尿路感染症が頻繁に起きる

溢流性尿失禁の原因とは?

溢流性尿失禁は主に、膀胱を空にできないという慢性尿閉が原因です。膀胱を空にできず、膀胱が満杯であるというサインを脳に伝える神経の異常によって起こります。

溢流性尿失禁を起こすことがある症状

  • 糖尿病や多発性硬化症

  • 重度の骨盤臓器脱

  • 骨盤内の手術(子宮や直腸の手術)

  • 特定の内服薬の副作用

溢流性尿失禁において大きな問題の一つは、尿もれ (UI) の量が多いために、自分の日常生活に大きな影響をもたらすことです。このため、尿の臭いを気にして、外出をためらい、家にこもりがちになってしまうことも多いようです。これらのことが相まって、気分が落ち込み、自然と交友関係にも影響が出てしまうこともあるかと思います。医師に相談をし、人生を楽しめるよう、あなたに合った対策や治療計画を提案してもらいましょう。

溢流性尿失禁の治療方法?

溢流性尿失禁の治療方法はいくつかあります

  • 内服

  • 自己導尿

  • カテーテル治療

  • 外科手術

尿もれ (UI) 用パンツやパッドを身につけることも対策方法のひとつです。例えば吸水パンツタイプ「ウィスパーうすさらシルキー」は、吸収テクノロジー水分の逆戻りも防ぎ、あなたの肌を快適に保ちます。女性らしいデザインはまるで下着のような着け心地で、周りの人にも気づかれず快適です。

もし尿漏れ (UI) が絶えず続くようでしたら、恥ずかしがらずに医師に相談してください。診断を受けることで対策がみつかることがあり、日々を快適に過ごせることにつながるかもしれません。